保土ヶ谷区から腰痛で高齢者がご来院

最近来店された、75歳の腰痛の患者さん。

立って台所にいるだけでも、腰が痛い。

座って立ち上がっても、腰が痛い。

それを繰り返して、つらい痛みが増強していました。

まず、床に手がつくか検査してみました。

この状態ができないと、10年でヘルニアや

15年で骨にとげができ、神経に傷がつくといわれて

います。

この患者さんは、楽々指先が床に、つくことができました。

ところが、後ろに反ると、痛みが増強。

念のため、狭窄症のテストをしてみましたが

反応はありませんでした。

横浜全域からぎっくり腰・寝違えで多数ご来院

ただ、体をラジオ体操のように、自分で曲げている姿は

滑らかさがまったくなく、ぎこちない固さでした。

そして、まず、うつぶせから関節の緩和操作で

調整してみました。

その患者さんは、痛みがかなりありました。

ただ、やがて調整していくと、体が温かくなり

施術すればするほど、痛みが軽減していきました。

腰痛の原因が、ケガなのか。

急性痛、原因の断定できない痛み。

この場合は、時間がかかります。

例えば、ぎっくり腰や寝違えなどは、一週間かかります。

肉離れは、2週から4週もかかります。

重症なヘルニアや狭窄症は、3か月かかります。

膝の痛みも、3か月かかるのです。

しかし、時間で改善していく間に、体は、痛い腰をかばい

他の部分が固くったり、痛くなったりして、体全体のバランスが

崩れていきます。

もしも、それをかばい、第2のケガにつながる可能性も

あります。

ケガの時でも、保土ヶ谷区天王町の当院腰痛かたこりケアセンターでは、対応できます。

200か所1680通りの関節の動きを、チェックして調整します。

ただし、痛みを感じる場所があります。

今、テレビで話題のモヤモヤ血管が原因。

これは、血管に異常な神経までできて、血流が通常の1.5倍も

ながれることによって、痛みがでると科学的に証明されています。

モヤモヤ血管ができる理由も、前までは、姿勢が原因でした。

しかし、今は、昔起こした外傷などで、血管が増殖していたのに

修復完了したはずの外傷の周りの血管が、残り続けることで

異常な血管ができるそうですで。

モヤモヤ血管は、押すと痛いのが特徴です。

腰痛肩こりケアセンターでも、患者さんの中にも、この血管が

できている方がたくさんいます。

この、患者さんは、まさに、腰痛の原因はモヤモヤ血管でした。

整形外科や外科、内科、接骨院、マッサージなど、ありとあらゆる

ことを調べたり、施術してみましたが、残念ながら効果は、

ありませんでした。

この後、関節や運動療法をやると、立っている痛みや

反る痛みは、なくなりました。

継続して、施術しましたが、4回目でかなり痛みが消失しました。

当院では、ご希望の方には、腰痛や肩こりなどに効果のある

腰痛体操をお教えしています。

実際、モヤモヤ血管も15秒ほど押すと消える効果があるそうです。

血管自体が、消失するには、ストレッチが効果大です。

いつも痛い痛みの原因を知ることで、今の痛みの消失と

今後、痛い目にあうことがないように、予防することは

必ずできます。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください!!

横浜腰痛整体メインページは⇒こちら